タイプ別主婦のカードローン審査基準

syufu_card27

同じ主婦と言っても、様々なタイプの主婦がいると思います。正社員として働いている主婦。パートをしている主婦。専業主婦など。もちろん、カードローンを利用する場合、正社員として働いている主婦の人は、自分自身に安定した収入がある為、問題なく審査をクリアする事が可能になってきますが、パートをしている主婦や専業主婦の場合、少し審査基準が異なってくるため注意が必要です。
まず、パート収入のある主婦の人は、基本的には多くのカードローンでパート、アルバイトの人でも申し込みができるようになっている為、心配する必要はありません。
しかし、パートの場合、借入金額が少なくなってしまう事がほとんどなので、希望借入金額まで借り入れを行う事ができるかは、人によって微妙になってきます。
そして、専業主婦の場合ですが、同じ専業主婦でも、配偶者の同意を得る事ができる人と同意を得る事ができない人によって、少し条件が違って来ます。配偶者の同意を得る事ができない人の場合、消費金融でのカードローンの申し込みは出来なくなってきます。その理湯は、総量規制と言う法にあり、消費金融では、年収の1/3までしか借り入れを行う事が出来ないと決まっているからです。という事は、収入が0円の専業主婦では、全くお金を借りる事が出来ない事になってしまうのです。
だからと言って、専業主婦がカードローンを利用出来ないわけではありません。この総量規制は消費金融において定められている法になる為、対象にならない銀行のカードローンなら、申し込みを行う事が可能になってくるのです。しかし、限度額いっぱいを借り入れする事は出来ず、多くの場合、専業主婦は50万円までとなっています。
また、同じ専業主婦でも、配偶者の同意を得る事ができる場合は、銀行のカードローン以外にも消費金融でも申し込みを行う事が可能です。しかし、全ての消費金融がこの配偶者の同意の制度に対応しているわけではなく、限られた消費金融のみになっています。そのような事から考えても、銀行のカードローンの方が申し込みやすいという事が言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>