収入によって異なる主婦カードローンの利用

syufu_card38

主婦カードローンの利用を希望する際、とても重要なポイントになってくるのが年収です。主婦と言っても、何らかの職に就いて収入を得ている方や、家事に従事して外部からの収入が一切ない方など様々なケースがあります。それぞれの収入状況によって利用できる主婦カードローンにも違いが出てくるので、まずはこの点をきちんと把握して置かなくてはなりません。

何らかの仕事によって収入を得ている主婦なら、利用できるカードローンの種類も増えると言えます。カードローン商品を扱う金融機関には、大きく分けて二種類あります。まず、預金業務や為替取引なども行う銀行と呼ばれる金融機関です。そしてもう一つが、消費者への貸付のみを扱う消費者金融と呼ばれる存在なのです。

カードローンを扱う金融機関の種類の違いは、貸付条件にも違いを持っています。その中でも特に大きな違いと言えるのが、融資を受ける人物の収入でしょう。
消費者金融では利用者本人の収入は不可欠です。つまり、無収入の専業主婦は基本的に消費者金融のカードローンを利用することが出来ないのです。しかし、銀行が扱うカードローンでは、融資を受ける本人の収入の有無は制限されません。専業主婦がカードローンの利用を希望したとしても、利用できるのは銀行カードローンのみということになります。
自分自身で収入を得ている主婦なら、銀行カードローンだけでなく消費者金融のカードローンを自分の名義で利用することが可能になります。もちろん収入状況などによっては審査を通過できない可能性は否定できません。しかし、収入の有無により選択肢そのものが変わってくるのは、覆しようのない事実です。

無収入の専業主婦でも、配偶者の承諾を得ていれば消費者金融のカードローンを利用できる場合もあります。しかし、この場合は主婦自身が主体となって融資を受けられるというわけではありません。
専業主婦が配偶者の承諾なしで消費者金融のカードローンを利用するのは、まず不可能です。申し込みを行っても審査に通過できないことは明白ですから、まずは自身の収入状況に応じて、利用可能な主婦カードローンに申し込むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>